2012年03月31日

韓国、済州島2

2日目、朝7時、コーヒーショップで朝食を食べようと街一番の繁華街へ。しかしオープンは8時からだった。さらに一番安いモーニングセット、コーヒーと小さなパン1つだけで4000W。コーヒーとトーストだと6000W。ホテルの朝食バイキングが8000Wなのでホテルに戻ることにした。
DSC_0219.jpg

新済州の街をブラブラしながら、ロッテマートへ。食料品売り場や日用品売り場も見て歩いたが、ほしい物は見つからないし値段も日本と変わらない。近くのもう一つのスーパー、Eマートにも行ってみたが同じくほしい物は無かった。ただフードコートがそこそこ安く注文しやすそうだったので、食事するところが見つからなかったらここに来ようと思った。
DSC_0223.jpg

次は海外旅行の定番、免税店に行ってみた。私は全く興味が無い店ばかりだが、嫁はそれなりに見ている。どこそこのバックや、どこそこのスカーフなど。でも結局に絶対ほしいと言うわけではないので、ここでも何も買わず。

市バスに乗るのが難しいと聞いていたが挑戦。ガイドブックとハングル語の市バスホームページを照らし合わせながら、乗れそうな路線と停留所を探しておいた。新済州から旧済州の市場に行くのは100番のバス。やってきたバスに乗り、ワンマンの運転手にガイドブックを見せながら「ここに行きたい」というとうなずいてくれた。バスの運賃1000W。
DSC_0228.jpg

ハングル語しかアナウンスが無いと聞いていたが、どっこい観光客が使いそうな停留所では、英語どころか日本語でもアナウンスされる。地図を見て距離とか時間を把握しておけば大丈夫そうだ。明日降りることになるだろうバスターミナルでも日本語のアナウンスがあった。

旧済州の市場近くの地下街。庶民的な服や雑貨の店が並んでいる。食べ物屋も安そうなのだが、ほぼハングル語のみなので、多少写真があってもはたしてどれなのか見当が付かない。
DSC_0229.jpg

市場に入るとすぐに小さな屋台街が。ガイドブックに載っていたホットックが500W安い!早速1個買ってみて食べると甘くてめちゃ旨い。同じく野菜入りのヨモギホットック700Wも買ってみた。これも旨い。おばちゃんはこれも飲んでみろと、おでんのスープを紙コップに入れてくれた。安くて美味しいのは最高である。
DSC_0230.jpg

金属製の箸とスプーンのセット。街中の土産物屋では3000Wだったが、市場の中の調理器具の店では2000Wだった。トルハルバンの形をしたミカン味のチョコレート、ロッテマートでは1箱5000Wだったが、ここでは4個で10000W。試食してみたがミカンの味もしっかりしていたので買いました。他にもキムチばかりの店や豚の顔が並んでいる店などがあり面白かった。
DSC_0234.jpg

P1010196.jpg

長くなりそうなので2部に分けます・・・つづく

posted by ノリック at 14:48| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

韓国、済州島1

金曜日の午後と月曜日を、お休みに、さぼって、無断休業して、3泊4日の済州島旅行に来ています。
DSC_0213.jpg

名古屋から2時間弱で済州に着陸。北海道に行くのと同じくらいですかね。沖縄より近いです。
着いたら雨、それも激しく降っています。今回は豪華なJTBさんのツアー(と言っても現地ではすべてフリー、もちろん食事も着いていません)なので空港からホテルへの送迎が付いています。こんな雨の日には助かります。
DSC_0215.jpg

ホテルは新済州の繁華街近く。雨にもかかわらず早速街をぶらつきます。裏通りは対向車がすれちがえないほど路上駐車の車が多く歩きにくい。メインの通りはアディダスやナイキをはじめ、プーマ、ノースフェイス、モンベル、ディズニースポーツなどのスポーツショップが多く買い物が面白そうです。
DSC_0217.jpg

近くのグランドホテルにはカジノがあります。私はもともと賭け事が好きではないのですが、嫁が好きだし、まあ見てみたいと言うのもあって行ってみました。しかしラスベガスのように街全体がカジノという雰囲気では無く、賭博するところみたいな(行ったことはありませんが)感じで、テーブルゲームはちょっと参加しにくそうで、隅のスロットマシンで500ウォン(35円)ずつ掛け少し遊んだ(3000円)だけでした。

posted by ノリック at 23:48| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

プラン3

29日、関空−(タイ)バンコク−ウドンターニー
30日、ウドンターニーノンカーイー−(ラオス)ビエンチャン
 1日、ビエンチャン−バンビエン
 2日、バンビエン
 3日、バンビエン−ビエンチャン−(タイ)ノンカーイ
 4日、ノンカーイ−バンコク
 5日、バンコク−カンチャナプリ
 6日、カンチャナプリ−バンコク−名古屋

プラン2の行程が早目に切り上げた場合、バンコクに戻った後カンチャナプリに行くプランです。
ウドンターニーからバンビエンを2日に分けて行くことで、一日の移動時間が5時間以内に収まる予定です。

ラオスのサワンナケートやパクセは、次回の年末にベトナムからラオス横断でもいいかなと思っています。
posted by ノリック at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

プラン

プラン1
29日、関空−(タイ)バンコク−ウボンラチャターニー
    −ムクダーハーン
30日、ムクダーハーン−(ラオス)サワンナケート
 1日、サワンナケート
 2日、サワンナケート−パクセ
 3日、パクセ
 4日、パクセ−(タイ)ウボンラチャターニー
 5日、ウボンラチャターニー
 6日、ウボンラチャターニー−バンコク−名古屋

プラン2
29日、関空−(タイ)バンコク−ウドンターニー
30日、ウドンターニー
 1日、ウドンターニー−(ラオス)ビエンチャン−バンビエン
 2日、バンビエン
 3日、バンビエン−ビエンチャン
 4日、ビエンチャン
 5日、ビエンチャン−(タイ)ノンカーイ−バンコク
 6日、バンコク−名古屋


posted by ノリック at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

ゴールデンウィークの予定

GWまで1ヶ月あまりとなりました。さて今年はどうしようと悩んでいました。
5月の1・2日を休みにすれば9連休。しかし航空券が高くて取りにくいのと、ベトナム自体も4月の28日から連休なので、ちょっと躊躇しています。

2月の終わり頃、最近よく使うチャイナエアラインの4月以降の航空券が発売されたので、試しにアクセスしてみると、発売直後にもかかわらず、4月の28・29日出発が売り切れ。2日間の乗り継ぎ便は行きが早朝なので使いにくいです。
たまには韓国経由でもイイかとアシアナとかを狙ってみるが、今度行きたいハノイ便は、やや高めであった。
CI2.jpg

OZ1.jpg

そんなこんなでなかなか決め手に至らなかったのですが、先週ふとタイのバンコク便を検索していると、名古屋発は高かったのですが、大阪発は結構安い金額で出ていた。試しに行きは大阪発、帰りを名古屋着で見てみると、燃油サーチャージ・諸税込みで85,000円で出ている。しかも行きは関空深夜発でバンコクに早朝着く便なので、朝早く新幹線で関空に行く必要がない。
TG1.jpg

考えること5分くらい。ポチッとしました。

さてバンコクに着いてからどうするか。ここ何年かバンコクに着いてもバンコクに泊まらず、空港からすぐ次の街に行ってしまう。去年はバンコクに着いたその日のうちにカンボジアへ入国。今年もカンボジアからタイに入国したその日のうちにバンコクから飛行機で帰国という始末である。

バンコクが嫌いなわけではないが、あまりにも楽すぎてつまらないのである。それは最近のホーチミンにも当てはまる。

そんなわけでバンコクから4時間くらいのカンチャナプリには行ってみたいのだが、それ以外がなかなか見つからない。
ラオスのサワナケートやパクセ、一度行って気に入ったバンビエンに行くか。それともやっと観光化されつつあるミャンマーのヤンゴンに行くか。

いろいろ調べたところ、ヤンゴンはホテル料金が高騰しているようで、安い所でも1泊60ドルくらいのようだ。ちょっとあきらめモードです。
posted by ノリック at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

鳥羽温泉旅行2

温泉旅行2日目
昼にホテルを出発した後、これまた楽しみにしていた、浦村の“牡蛎の食べ放題!”

鳥羽からは30分ほどで着きます。道を走っているといろいろな店で「牡蛎の食べ放題」の看板を出しています。
情報だと休日は予約でいっぱいらしいので、ネットでいろいろと探し、結構評判がいい店を予約しておきました。

賑わっているあたりを越し、海の博物館方面に行くと、その店があります。
DSC_0181.JPG

看板通りではあるが、道無き道を行くとありました。結構人は入っています。
車を適当なところに置き、受付で料金一人1900円を払い席に着くと、いきなり目の前の皿一杯に牡蛎が出てきました。焼き牡蛎と蒸し牡蛎一皿づつ。
DSC_0194.JPG

調味料はお好みの物をご持参してくださいとのことでしたので、ポン酢・タルタルソース・醤油・塩・レモン水・七味などを持ってきました。また飲み物も持ち込みOKなので、ペットボトルのお茶やジュースも持ってきました。
DSC_0187.JPG

店の方からは、牡蛎のみそ汁と牡蛎ご飯のおにぎりが出てきます。そして軍手1枚と牡蛎の殻剥きようのナイフ。軍手を左手にはめ牡蛎を持ちます、右手でナイフを持ち牡蛎の隙間をゴリゴリとやり身を取り出します。後の殻はテーブルの下のバケツに入れていきます。
牡蛎の身の方は、まあ大きいのやら小さいのやらありましたが、焼きたて蒸したては美味いです。
4.jpg

皿の上の牡蛎が無くなりかけると、無条件に牡蛎が追加されていきます。まるで牡蛎の「わんこそば」状態です。
焼き牡蛎、蒸し牡蛎、いろいろな調味料を付けながら食べましたが、やはりポン酢かタルタルソースが合っているかな。
5.jpg

時間は1時間半ですが、そこまで食べれません。

でも66個食べました。・・・ゲップ。


posted by ノリック at 10:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

温泉、鳥羽、1泊2日

湯快リゾート鳥羽、彩朝楽へ行ってきました。

金曜日の仕事を早めにかたづけて、ホテルには夕方の6時前に到着。
すぐの6時30分からの夕食。もちろんバイキング。

夕食後は温泉入って、人生初の“ダーツ”で遊びました。

今回の予約プランは、「ゴルフシュミレーション」パック。
ここ鳥羽の湯快リゾートには、本格的なゴルフシュミレーションがあると言うことでやってみたかったのです。これにダーツも無料で30分遊べるサービスが付いていました。

翌朝7時にはまたまたバイキングの朝食。
食後の腹ごなしと、9時からこれも無料のカラオケ1時間30分。

そして10時30分からお待ちかねのゴルフシュミレーション。
430731_243060285785124_100002434627220_530140_1025743510_n.jpg

2時間のプレーで1ラウンドとドライバーレッスンを楽しみました。
コースは実際にあるコースとは違うし、アドレスの向きなど、要領を得るまで時間が掛かりましたが、まあ結構楽しむことが出来ました。

結局ホテルには昼の12時過ぎまでいました。

さあ次へ行きます!

posted by ノリック at 10:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。