2012年09月16日

今年最後の「郡上おどり」、in円頓寺

新しい行事が無い限り、これが本当に今年最後の「郡上おどり」です。

地元名古屋の円頓寺商店街で行われた円楽会(えんじょういかい)による「郡上おどり」

これが終わると、10ヶ月も踊れないのか。と思うと、爆発しました。


まず夕方の5時からは、郡上ではおなじみの研さんによる講習会。
まだ陽のある内なのでと、初めて郡上踊りに一眼レフを持ち込みました。


イケメン研さんによる講習会


研さんは一本歯の下駄でも踊ります


郡上おどりに浴衣は付きものです(特に女性)


6時からの本番に向けて、一生懸命練習中


「郡上おどり」は下駄を鳴らしながら踊るので、下駄も必需品です


さて6時からの本番では、もちろんカメラを置き、踊りに専念します。

踊りも終わり近くなると
「春駒」「猫の子」走り
最後の「まつさか」ではスクワット!!

あーっ!楽しかった。


posted by ノリック at 20:44| Comment(3) | 郡上おどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

郡上おどり、終わっても踊る

本場の郡上おどりは終わりましたが
まだまだ踊れるところはあります。


9月9日(日)

いつも練習会に参加させて頂いている、円楽会(えんじょいかい)の練習日。
来週15日の本番に向けて、郡上から師匠のケンさんも来て頂きました。

 

私を含め、皆さん熱心です。
今年の初めのことを皆さん本当に上達されています。
そこら中で免許状をもらったという話が聞かれました。


9月14日(金)

「昔をどりの夕べ」
てっきり15日の土曜日に行われ、行けないなと思っていましたが
調べてみると金曜日。なら行けるじゃん(仕事はどうなんじゃ!)

行く途中の美濃で、コンビニの駐車場に止めても、店まで走りたくないほどの 豪雨という豪雨。
でも美並を過ぎると小降りに。そして踊りが始まる時間には、雨はやみました。

昔をどりは、三味線や太鼓などのお囃子は無く、
歌い手と踊り手達が歌を掛け合いながら踊ります。

さて、いよいよ本当の最後・・・か? 

posted by ノリック at 09:08| Comment(0) | 郡上おどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

郡上おどり、最終日おどり納め

7月のおどり発祥祭から2ヶ月。

あっと言う間でした。

踊り会場の新町商店街には、
こんなにも楽しませてくれた「郡上おどり」と
「郡上踊り保存会」の方々への、労いの看板が掲げてありました。



本当に全ての踊り助平達の気持ちを表していると思います。

屋形近くに行くと、まだ8時の踊り開始の時刻前ですが、
テープの曲に合わせて、既に助平達は踊り始めていました。



さあ8時から11時まで、3時間。
ノンストップで踊り続けます。
もちろん写真撮影している暇はありません。

夜11時。最後の曲「まつさか」が終わりました。

2ヶ月間お囃子の方々を乗せていた屋形が、
「かわさき」の曲が流れる中、多くの踊り手に引かれながら踊り会場を後にします。



その後ろには、笹に提灯を付けた行列が続きます。



これで2012年の郡上おどりは、おしまいです。
 

posted by ノリック at 13:10| Comment(0) | 郡上おどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

郡上おどり、9月1週目

さあ、郡上踊りも9月に入って、残り3日となりました。
本当に、ついこの間始まったばかりの感じですがね。


9月1日(土)、新町、おどり変装コンクール

新町のタクシー会社前の交差点は、すごい人だかりでしたので
少し離れたところで見物していました。



蝶の電飾の飾りをした方は、普段でもよく変装して踊っています。



岐阜清流国体のマスコット「ミナモ」も飛び入り参加ですが
彼は踊りの免許状を持っているくらい上手い。

コンクールの踊りが終わると、待ちかねたかのように一般の方々が踊り始めます。
さすがは土曜日。西行き方向はぐちゃぐちゃで、5列くらいで踊っていました。


9月2日(日)、新町、(女性)地区対抗コンクール

久しぶりに嫁と出撃です。早めに郡上の町に着いたので、ゆっくりと夕食を
「けいちゃん焼き定食」1000円。嫁は「唐揚げ定食」1000円。



今日も新町です。しかし8時のコンクールが始めると同時に雨が降ってきました。

時折、激しく。
激しい雨で直ぐにずぶ濡れ状態。
観光客は、さすがに見ているだけ。
 。
浴衣の袖どころか、浴衣ごと絞れるくらいに。



おどりの会場が吉田川かと思うくらいに“濡れ”ました。

しかし激しく降れば降るほど、踊り助平達のテンションは上がるのであった。
 

posted by ノリック at 20:48| Comment(0) | 郡上おどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

郡上おどり、8月4週目

8月24日(金)、上枡形町

郡上八幡の町の入り口近く。
普段は多分駐車場だろうところに屋形を置き、狭い路地まで使い踊りました。



いつものことですが、多くのアマチュアカメラマンの方が、この郡上おどりを撮られています。
私も以前はよく写真を撮っていましたが、今は逆に撮られる方です(被写体にはなっていない)



踊り始めてからは、撮っているより踊っているほうが、はるかに楽しいと感じています。


8月25日(土)、八幡神社

今日の会場は、八幡神社の境内。
狭い上に、下が砂利で非常に踊りにくい。



神社の横の道に退散すると、同じような人たち数人の踊りの輪ができていたので入れてもらうことにした。



今日の踊りの審査曲は「さわぎ」。これは免許状を持っていないので、是非とも本来の輪の中で踊りたかったが、あまりの混雑さに、今日はあきらめることにした。
すると、当の保存会の方も、本来の輪は混みすぎているのか、こちらの輪にも来て頂き、なんと免許状をもらうことが出来ました。



なんというラッキーなことでしょう。これで4曲目です。


8月26日(日)、旧庁舎記念館前

今日は旅行会社「クラブツーリズム」が協賛する踊りの日です。
クラブツーリズムさんが、関東や関西からツアーバスを企画して、ここに踊りにやってきます。
そのため、まず踊り開始前に30分講習会があり、さらにいつもは9時頃から始まる踊り審査が、今日は8時半からです。



郡上の街中で展示してあった、パンとクッキーで作ったアート。人形は食べ物ではないらしいです。


 
今日が終わると、郡上おどりも残り3日です。
今までは連日のようにありましたが、次は来週末までありません。
ついこの間始まったばかりの感じですが。


posted by ノリック at 13:54| Comment(0) | 郡上おどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

郡上おどり、8月3週目

8月18日(土)、下愛宕町

メインの大通りではなく、脇道の様なやや狭い道。ここが今日の踊り会場です。



街路灯も少なく、なんかいつもより静かに踊っている感じです。




8月19日(日)、立町

ここも、昨日の下愛宕町から続く細い道
今日は「団体おどりコンクール」があります




そのため、一般の方の踊りは9時頃から
近くをブラブラしていると、履物屋さんの店先に面白い下駄が飾ってありました。



 
でかい足形の下駄。
こんなん履いて、さりげなく踊れたらカッコいいよね!

 
 
posted by ノリック at 13:18| Comment(0) | 郡上おどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

郡上おどり、徹夜4日目

本日の踊り会場は本町。徹夜おどり4日間でやっと晴れてくれました。

ただ盆休み明けで、人出が少ないかもと、踊り会場近くの駐車場を探すことにした。
1軒目、2軒目と満車であったが、城下町プラザ近くの、いつもは駐車場ではないところが
空いていたので、そこに停めることが出来た。

踊るときは、手に荷物を持って踊ることは出来ない。
ショルダーバックも踊っていると肩からずれて踊りにくい。
たすき掛けにするか、ウエストバックくらいである。
しかし、浴衣だと、そのどちらも似合わないのである。
当然のことだが、浴衣にはポケットは無い。
少なくとも、車のキー、スマホ、財布は持ち歩きたいのである。

そこでいろいろ工夫をするのだが。

@まずは一般的な巾着袋。
口を紐で縛り、反対側を浴衣の帯に差し込んでおく。木の玉がストッパーになり、落ちることはない。

P1020232(1).jpg

A最近100均で手に入れた小さなウエストバック。
流行のジョギング用だが、ちょっと大きく重いデジカメを持ち歩くときに使っている。

P1020231(1).jpg

B嫁の母に作ってもらった、専用小物入れ。
スマホ、車のキー、小銭入れが入る大きさで、後ろのベルトを浴衣の帯に回して、下側を紐で止める
巾着と違い、帯にほぼ密着するので、激しく踊ってもブラブラせず快適である。

P1020230(1).jpg

今日はAとBを持って踊ります。

しかしデジカメで踊りを撮ることは難しいですね。全く上手く撮れないので、すぐにあきらめておどりに専念しました。

P1020220(1).jpg

しばらく踊っていると、名古屋の円頓寺でいつも踊っているご夫婦に遭遇、一緒に踊ることにした。
さて、今晩2回目の踊り審査曲は「かわさき」。私は免許状を持っているので、軽く流しながら踊っていた。
保存会の方が立っている近くに来たとき、私の後ろで踊っていたご夫婦の奥様の方を見ている。
しばらくして声を掛けてきた。2カ所くらい注意するように言われていたが念願の木札をいただいたようだ。
保存会の方は、踊りは綺麗だよと言っていた。おめでとう。

今日は徹夜おどり最終日。終わりに時間が近づくにつれて、皆のテンションが上がってくる
特に動きの激しい「春駒」や「猫の子」では、若い子達は飛び跳ねながら踊っている。
そして午前4時前。最後の曲「まつさか」が流れ始める

徹夜おどりの締めは、おどり助平達による「下駄を拝借、3本締め」で終了。

posted by ノリック at 22:49| Comment(0) | 郡上おどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

郡上おどり、徹夜3日目

郡上まで、片道85キロ。これで5夜連続で通っています。

しかも、ここ二日の徹夜おどりは大雨で、浴衣や下駄が重くなり、筋肉痛です。

今日も重役出勤の11時到着です。前半二日間に比べると人出は少なそうで、踊りやすそうです。



今日1回目の踊り審査曲は「三百」だったようなので、2回目は「さわぎ」だろうと予感しました。
案の定、審査曲は正解でしたが、いかんせん徹夜おどりの時は列が長い。
ただの1回、保存会が私の近くにいたときも、列の反対側の方に指導されていて
結局後ろ向きのまま、私は通り過ぎていってしまいました。

まあこれも“縁”でしょうか

途中1回、コーヒーとフランクで休憩しただけで、空が白み始めた朝の5時まで踊り続けました。



この白み始めた空の下で踊るときの気分は本当に良い雰囲気です。



さあ、今年最後の徹夜おどりです。今日も重役出勤で出撃します。

posted by ノリック at 19:35| Comment(0) | 郡上おどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

郡上、徹夜おどり、2日目

さぼり癖が付いてしまったようで、今日も10時半に現地着でした。
帰る人がチラホラいるだろう、八幡小学校に車を止め、おどり会場へ。

まだまだ、とてもまともに踊れそうもないくらい、ぎゅうぎゅうで皆踊っています。

しばらく踊るのはあきらめ、人混みを抜け、
新町から今町の商店街や屋台街をぶらぶらしていた。


踊りの輪を眺めていると、いつも名古屋の円頓寺で一緒に踊っている方と会い、しばし雑談。
比較的踊りやすい新町通を行き来して踊ろうと、一緒に踊ることにした。

時折、ザァーッ!っと雨が降り、浴衣が重くなってきた。
ただ雨が降り出すと、踊る人がサーッっと減り、踊りやすくなる。
お馬鹿な「おどり助平」(私も?)たちは、ここぞとばかりにテンションを上げ
激しくスピーディーに踊っている。


特にラストの1時間くらいは、本当に滝の中で踊っているくらい激しい雨で
メガネの私は、前が見えないし、浴衣の袖が重いし、
さらに「春駒」では走り出すし・・・しんどい

ずぶ濡れ状態での「まつさか」
意外と雰囲気が良く、すっきりと終われた気がした。


こんな天候でしたので、スマホ出す気にもなれず、写真は無しです
スマホはジップロックに入れて巾着へ。

では今晩も参戦します。


posted by ノリック at 18:06| Comment(0) | 郡上おどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

郡上おどり、免許状、徹夜おどりで3枚目

徹夜おどり1日目、踊りの混雑を考え、遅めの8時半ごろ自宅を出発。
国道156号線は、郡上に近づくと、帰るであろう車が目立つようになった。
これは駐車場も空いてくるなと、踊り会場の近くの八幡小学校に向かった。
案の定、小学校に車を停めることが出来た。

雨は降っている。

時折、やんだり、また、強く降ったり。

しかし、踊りは止まらない。



私も踊りの輪の中に入った。

屋形には、今日の踊りの審査曲は「かわさき」と出ている。



日付が変わって、深夜の1時頃、審査曲の「かわさき」が流れ始めた。
それと同時に、どこからともなく、踊りの列に人が増えてきた。
特に保存会の方に目立つようにと、最前列はびっちし埋まってしまった。
私は何とか最前列をキープしたまま、踊ることが出来た。

踊り始めて5分くらい。前の方から保存会の方が、踊っている人を見ながらやってきた。
前に言われた、「遠くからでも見ているよ」との言葉をかみしめ、丁寧に踊っていた。

そして、私のやや前方で止まり、見られている感じがした。

すぐに近づいてきて、「免許状持っていますか」
「手をかざすときに、もう少し顔の近くに」「右足を上げるときに、左横に上げすぎているから、もう少し前に出すように」
言われたことを守りながらもう一度踊ってみる
「きちっと直して踊ってください」と、例の木札を差し出してくれました。

やった!3枚目



郡上おどりで一番有名で競争率も高い、「郡上のな〜あ、八幡出ていくときは〜〜」で始まる曲「かわさき」
それも人出の多い徹夜おどりの日に。

これで郡上おどり、三大有名曲「かわさき」「三百」「春駒」の免許状が揃いました。



その後、雨の続く中、ずぶ濡れになりながらも、気持ちよく、ラストの午前4時まで踊りきりました。

あっ!リポビタンDが無料配布されていて、前を通る1回おきくらいにもらい、計3本もいただいたので頑張れたのかも!



posted by ノリック at 08:43| Comment(2) | 郡上おどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。